貸金返還請求 弱め

 強めな弱め状況に応じて使い分けることが大切です。

平成15年12月20日
被通知人 新潟県○○市▽▽1−23−4
                  文田 雄 殿
通知人  新潟県□町××5−6−7
                  金尾 原江

           通知書

 私は平成15年1月31日、金20万円を弁済期を平
成15年11月30日と定め貴殿にお貸ししましたが、
いまだ返済されておりません。
 本書面到達後10日以内に金20万円を返済していた
だくようお願い申し上げます。
 万が一、期日内に支払うことが難しい場合は、本書面
到達後10日以内に別送する「債務承諾書」に署名押印
し、返送していただくようお願い申し上げます。
   
                             以上
本書面代書人
新潟県北蒲原郡中条町大字東川内180
           行政書士 齋藤 聡(職印)

内容証明文例集目次

内容証明の達人

貸金・売掛金請求クーリングオフ時効の援用敷金返還請求遺留分減殺請求

姉妹サイト『クーリングオフの達人
内容証明の達人(C)2003 齋藤行政書士事務所