エステの契約をクーリングオフする場合

 エステの契約の場合、エステサービスだけでなく化粧品などの関連商品もあわせてクーリングオフ可能です。

平成○年12月27日

被通知人
 
新潟県
××市□□ 5丁目6番地7号
     株式会社 ビューティーアイ
       代表取締役 綺麗田 瞳殿

通知人 
新潟県
○○町△△ 1丁目2番地3号 
            カモられちゃん

            通知書
 平成○年12月22日、私は貴社に対し
下記技術サービス契約の申込みを行ないま
したが、本書面をもって下記契約を解除い
たし
ます

         記
サービス名 スーパービューティーコース
コース料金 400,000円(税別)

入会金   50,000円(税別)
担当者名  可愛 麗子

 なお、技術サービス契約の申込みとともに下記商品の購入契約の申込みも行ないましたが技術サービス契約と併せて契約を解除いたます

         記
   
商品名 ビューティークリーム
     数量 1
     金額 200,000円(税別)

 上記商品は後日返品させていただきます
                          以上

本書面代書人
新潟県北蒲原郡中条町大字東川内180
            行政書士 齋藤 聡(職印)

内容証明文例集目次

内容証明の達人

貸金・売掛金請求クーリングオフ時効の援用敷金返還請求遺留分減殺請求

姉妹サイト『クーリングオフの達人
内容証明の達人(C)2003 齋藤行政書士事務所