内容証明の達人

時効の援用

 お金を貸して何年もの間ほったらかしにしておくと、時効により債権が消滅し、請求できなくなる可能性があります。貸した方にしてみれば大変なことですが、借りた方にしてみればこれほどラッキーなこともありません。時効期間が満了しているときは内容証明で時効の援用を行い債権を消滅させてしまいましょう(もちろん、払いたければ払ってもかまいませんよ)。

注)時効期間が満了したということだけでは、債権は消滅しません。時効の援用を行なうことにより初めて消滅します

 時効の援用を行なうときは、時効が中断されていないか確認してから行なうようにしましょう。

 時効完成前は時効の利益を放棄することはできません。あなたと債権者との契約に時効の援用ができないという特約があっても無効ですから、遠慮なく時効を援用してくださいね。

おすすめページ
時効期間、どういったときに時効が中断されるのか(振り出しに戻されるのか)確認しておきましょう
時効にご用心


こんなときが内容証明の出番です

内容証明の達人

貸金・売掛金請求クーリングオフ敷金返還請求遺留分減殺請求

姉妹サイト『クーリングオフの達人
内容証明の達人(C)2003 齋藤行政書士事務所