内容証明の達人

内容証明(郵便)って何? 

 内容証明とは送った文書の内容と日付を郵便局が証明してくれる郵便のことです。一般的に内容証明が相手方に到着したことを証明するために配達証明も付けます。内容を郵便局が証明してくれても、相手に、そんな手紙は届いていないと言われたら終わりですからね。

内容証明の使いどころ

証拠を残したいとき
 契約を解除したり、時効を中断するときなど口頭で相手に伝えても効果は発生しますが、証拠を残すことができません。相手がそんな話は聞いていないと言い出して、裁判にでもなったらどうしましょう?こちらが正しいとしても負けてしまうことがあるかもしれません。裁判って必ずしも真実が勝つわけじゃないんです。
 内容証明を出せばこうしたトラブルを避けることができます。郵便局が証明してくれるわけですから、相手は言い逃れできませんよね。

プレッシャーをかけたいとき、強い意思を見せたいとき

 内容証明には特別な強制力があるわけではないので金払えと書いても相手に払う義務はないのですが、法的手段に訴える前段階として利用されることが多いので、内容証明を受け取った相手は、こちらが本気だと知ることになります。今まで適当なことを言って支払いを延ばしてきたけど、そろそろ払っておかないとやばいと思わせることができたらこっちのものです。

確定日付がほしいとき

 たとえば、債権譲渡の通知を行うときは、内容証明のような確定日付のある証書で行わなければ、第三者に主張できません。

内容証明の注意点

証拠が残ってしまう
 証拠が残るということは内容証明のメリットであると同時にデメリットでもあります。余計なことを書いたり、プレッシャーをかけようとして、ついつい過激なことを書いてしまったなんてときは、内容証明がこちらにとって不利な証拠になってしまう恐れがあります。

相手の気分を害することがある

 内容証明はプレッシャーをかけるという一面を持っていますから、いきなり送りつけたり、これから払おうと思っていた相手に送りつけたりした場合、相手の気分を害してしまい、うまくいくものもうまくいかないなんてことにもなりかねません。
 電話や普通の手紙でだって催促することはできるので、内容証明にこだわる必要はありません。

 内容証明は、内容、タイミング、相手の性格などをよく考えてから送るようにしましょう。

内容証明教室

内容証明の達人

貸金・売掛金請求クーリングオフ時効の援用敷金返還請求遺留分減殺請求

姉妹サイト『クーリングオフの達人
内容証明の達人(C)2003 齋藤行政書士事務所