内容証明の達人

内容証明を書くときのきまりごと

 内容証明を書くときはちゃんとした市販の用紙を使ってもいいですし、ノートを1枚破ってそこに書いてもかまいません。又、手書きでもワープロでもOKです。書く内容も基本的には自由です(ラブレターを書いたってOKです。ただし郵便局員さんに見られますけど・・・ )。
 ただし、以下に書くことは絶対に守ってください。守らないと内容証明として扱ってもらえません。

1、次の文字・記号を使って書くこと

A、仮名 
ひらがな、カタカナ

B、漢字
中国語や韓国語は使えません。

C、数字
算用数字、漢数字

D、英字
固有名詞に限ります。

E、カッコ
「 」、( ) など

F、句読点
「、」 「。」

G、記号
% ※ + など一般に記号として使われているもの

2、字数、行数制限

縦書きの場合は1行20字以内、1枚26行以内
横書きの場合は1行13字以内、1枚40行以内 1行26字以内、1枚20行以内
 
以内ですから制限文字数きっちり埋める必要はありません。

3、訂正、削除、挿入

訂正、削除する文字は字の上に2本線を引いて消すとよいでしょう。
挿入には「<」や「{」を使います。

 訂正、削除、挿入を行った際は一目見てどの行のどの箇所を変更したのかわかるように行った行の上部や下部に〜字訂正、〜字挿入などと書いて差出人の印鑑で押印してください。

4、二枚以上になったとき

 ホッチキスで綴じたり、のりで貼り付けます。綴じ目に差出人の印鑑で契印してください。

内容証明教室

内容証明の達人

貸金・売掛金請求クーリングオフ時効の援用敷金返還請求遺留分減殺請求

姉妹サイト『クーリングオフの達人
内容証明の達人(C)2003 齋藤行政書士事務所