内容証明の達人

さあ内容証明を書いてみよう

 書くときのルールを理解したら実際に書いてみましょう。同じ内容のものを3通(相手に送る分、自分で保管する分、郵便局が保管する分)作ります。

タイトル

 通知書、通告書、催告書などがよく使われています(私がプライベートで書いたときは催告書にしました)。つけなくてもかまいませんが、内容にあったタイトルをつけることで趣旨が明確になりますし、ピシッと引き締まります。

 相手の態度を硬化させたくないときはタイトルはつけないで時候の挨拶から始めてやんわりとこちらの主張を伝えるというやり方もあります。

本文

 事実、要求(どうしたい、どうしてほしい)、履行してもらうための合法的な脅し文句(法的手段をとる など)を書きます。

弁済期が来たのに支払われていない売掛金を請求する場合

事実

 いつ、どの取引でいくらの売掛金が発生したか、そしてその売掛金が弁済期が来たのにまだ支払われていないこと

要求
 いつまでにいくら払ってほしい 本書面到達後何日以内にお支払いください

合法的な脅し文句
 払わないと法的手段をとらせていただきます

 余計なことや、あまりに過激なことを書くと不利になることがあるので気をつけましょう。

作成年月日

 郵便局が差出日を証明してくれますが、文書に作成年月日を書くのは常識になっていますから書いておきましょう。

差出人・受取人の住所氏名

 差出人・受取人の住所氏名を書きましょう。差出人のあとには捺印(認印可)しておきましょう。差出人に通知人、受取人に被通知人などの肩書きをつける、つけないは自由です。

内容証明教室

内容証明の達人

貸金・売掛金請求クーリングオフ時効の援用敷金返還請求遺留分減殺請求

姉妹サイト『クーリングオフの達人
内容証明の達人(C)2003 齋藤行政書士事務所